ホーム
>注目企業・特集
>~東芝グループの製品&技術~ SCF2017/計測展2017 TOKYOで「ものづくりを次のステップへ」と意気込みを表現

注目企業・特集

~東芝グループの製品&技術~ SCF2017/計測展2017 TOKYOで「ものづくりを次のステップへ」と意気込みを表現

東芝グループは社会インフラ事業を核に幅広く成長を目指す
東芝産業機器システム 株式会社(神奈川県横浜市鶴見区駒岡5-4-10)

東芝グループブースには多くの来場者が訪れ注目を浴びた東芝グループブースには多くの
来場者が訪れ注目を浴びた
11月29日-12月1日、東京ビッグサイトで「SCF 2017/計測展2017 TOKYO」が開かれた。「システムコントロールフェア(SCF)」と「計測展TOKYO」の初の合同開催となった注目のこの展示会に東芝グループが出展。グループ内で社会インフラ事業をカバーする東芝インフラシステムズを筆頭にグループ6社が共同でブースを構えた。ブースではモーターなどの製品群、そして製品をベースにICT(情報通信技術)を付加して仕上げたソリューションをバランス良く展示した。

IoT時代の東芝グループ

ユニークだったのは、ブースの上に設置された帯状の大型モニターで、サイバー空間をイメージしたという。ブース全体で製造現場とサイバー空間が連携するIoT(モノのインターネット)の世界を表現し、「ものづくりを次のステップへ」と進める東芝グループの意気込みを表した。
IoT時代にどう製造現場を進化させるか。その要とも言えるプログラマブルロジックコントローラー(PLC)や産業用コンピューターは、真っ先に来場者の関心を集めた。PLCの目玉展示は新製品の「typeFR」。専用ハ ードを使わずにコンピューターにPLC機能を組み込む「ソフトウエアPLC」に対応した製品で、省スペース化・低コスト化という強みに加え、工場のIoT化に柔軟に対応できるのが特長。自動制御と情報処理を融合させたことで「設備の異常予測などのソリューションを自由度高く実現できる」と東芝インフラシステムズの柴田浩司産業システム統括部計装制御戦略・企画担当コントローラ機器責任者はいう。

スリム型産業用コンピューター「FA2100T model700」

産業用コンピュータFA2100T本体前面交換による高い作業性産業用コンピュータFA2100T
本体前面交換による高い作業性
またスリム型産業用コンピューター「FA2100Tmodel700」もアピールした。24時間連続稼働を前提とした高信頼性や、異常などを自己診断する「RAS機能」により長期安定稼働を実現する。また現場での使い勝手に配慮し、冷却ファンなど交換部品を本体前面に集約して作業性を高め、保守の手間を省けるようにした。FA 2100T についても18年中にソフトウエアPLC機能を加え、IoT対応を進める。

次世代型モーター「同期リラクタンスモーター」

効率レベルIE5相当を実現した磁石レス同期リラクタンスモータ効率レベルIE5相当を実現した
磁石レス同期リラクタンスモータ
同期リラクタンスモーター」と呼ばれる次世代型モーターも注目を集めた。同モーターのローターは、フラックスバリアと呼ばれるスリット状の空隙を設けた鉄心で構成し、アルミ導体や永久磁石(PM)を使用しない。このためPMモーターと比べ低価格化が図れるほか、環境配慮性にも優れる。また正弦波電流で駆動し、騒音や振動が少なく滑らかに回転するのも魅力だ。
東芝はまだ試作段階だが、1.5キロワットと2.2キロワットの両製品において効率レベル「IE5」相当を実現。来場者は、展示された同モーターを興味深そうにのぞき込んでいた。
同期リラクタンスモーターを巡り、東芝は国内勢の中でトップ集団に位置する。東芝産業機器システムの深澤雄三技術統括部技術部部長は「早期に量産製品としての展開を始めたい」と意欲をみせた。

イーサネット通信を標準搭載したインバータ「VF-AS3」

IoT時代に応える製品もお披露目した。イーサネット通信を標準搭載したインバーター「VF-AS3」。先行して15年に海外で発売したが、IoT需要が高まっていることを受け満を持して日本に投入した。ネットワークに接続し遠隔でダムなどの給水ポンプやビルの空調、プラントなどを制御できる。リアルタイムクロック機能を備え異常などが発生した日時を特定できる。

リチウムイオン電池「SCiBTM

リチウムイオン電池SCiBTM「SIPシリーズ」を搭載したAGVデモリチウムイオン電池SCiBTM
「SIPシリーズ」を搭載したAGVデモ
リチウムイオン電池「SCiBTM」では、鉛電池との置き換えが容易な「SIPシリーズ」を展示した。デモも交え、無人搬送車(AGV)での採用を提案した。一般的に鉛電池の充電時間が8時間かかるのに対し、SIPシリーズは20分の急速充電が可能。しかも質量は鉛電池の約1/4で8キログラムと軽い。電池交換作業が格段に楽になり、作業コスト低減につながるメリットが期待できる。鉛電池と比べ価格は3倍程度だが、寿命は鉛電池の10倍。
1~3年で鉛電池を交換するペースでAGVを利用する環境ならば、早期にSIPシリーズへの置き換えメリットを出せる。
また制御基板を内蔵し安全性も高めており、「生産現場の技術担当者でも制御が難しいとされるリチウムイオン電池であるが、SIPシリーズは鉛電池のように取り扱えるようにした」と東芝インフラシステムズの伊藤康行産業システム統括部産業システム営業部部長代理と、野澤滋 電池システム統括部電池技術部参事はアピールする。

今後、東芝グループは社会インフラ事業を核に成長を目指す。IoT対応の先進製品やソリューション、モーターなどの基盤製品の進化まで幅広くアピールした展示ブースは、同社の技術の底力を感じさせた。

MEMO
東芝産業機器システム 株式会社
住所
神奈川県横浜市鶴見区駒岡5-4-10
URL
http://www.toshiba-tips.co.jp/

製品情報カテゴリ

情報通信機器・ソフト
製品
企業
電子機器・部品
製品
企業
計測・試験・光学機器
製品
企業
機械・ロボット
製品
企業
産業機器
製品
企業
機械要素
製品
企業
素材・化学
製品
企業
環境・エネルギー
製品
企業
その他
製品
企業

新製品情報誌

過去掲載分

月号を

新製品情報カード

過去掲載分

月号を

製品情報を探す

キーワード
資料請求番号
掲載号
月号〜
月号

企業情報を探す

キーワード
本社所在地
TECHNO-FRONTIER2017(テクノフロンティア2017)

初めて
ご利用の方へ

機械・電子・電気、化学分野に従事する方々を対象に、日刊工業新聞社が発行する最新のエレクトロニクス、メカトロニクス関連情報誌「新製品情報」のWEB版です。
ご登録いただくと、本サイト上で、「新製品情報」に掲載されている製品情報の資料請求ができます。

記事広告の
掲載について

「新製品情報」、「新製品情報カード」への広告掲載または記事掲載についてのご案内