ホーム
>注目企業・特集
>~THKの製品&技術~自動化ニーズに応え続々と新製品を投入

注目企業・特集

~THKの製品&技術~自動化ニーズに応え続々と新製品を投入

国際ロボット展(iREX2017)のTHKブース 連日盛況
THK(東京都港区芝浦2-12-10)

11月29日〜12月2日の4日間、「2017国際ロボット展(iREX2017)」が東京ビッグサイトで開かれた(主催:日本ロボット工業会、日刊工業新聞社)。同展は、産業ロボットからサービスロボットまでが一堂に集まる世界最大規模のロボット見本市。直動案内機器メーカーの最大手THKは、主力製品としてロボットに活用されている「LMガイド、ボールねじ、電動アクチュエータなどの製品群」と、「ロボット」の2つを展示の柱に掲げ、幅広い製品を出展した。

ロボットの小型化・高速化に寄与する製品群

写真1 iREX2017 THKブース。連日多くの来場者が足を運び、賑わいを見せた写真1 iREX2017 THKブース。
連日多くの来場者が足を運び、
賑わいを見せた
写真2 コンパクトアクチュエータ「KSF」の搬送デモ。最大4Gの加減速写真2 コンパクトアクチュエータ
「KSF」の搬送デモ。
最大4Gの加減速
ロボットや装置の小型化・高速化が求められる中、同社の製品もそれらを追求した新製品を多数投入している。
低慣性ボールねじ・スプライン「BNS-V」は、直線運動と回転運動の両方を得られるため、スカラロボットのZ軸や組立てロボットなどに活用される。ナットのコンパクト化により、従来比40%の軽量化、低慣性を実現した。自動化の流れに伴って、スカラロボットの需要は拡大しており、「スカラロボットの主要メーカーすべてに採用してもらいたい」と常務執行役員産業機器統括本部IMT事業部長の星野京延氏は意気込みを語った。
電動アクチュエータのコンパクトシリーズ「KSF」は、コンパクトなアウタレールをそのままにボールねじを大径化することで、最高速度2500mm/s、高出力モータ搭載により高加減速を実現した。また、ロングストロークも特徴。メンテナンスや組込みを考慮し、3つのカバータイプから選択できる。部品搬送などが主な用途で、電子部品分野での需要が高まっているという。会場では、搬送のデモを行い、最大4Gの加減速をアピールした(写真2)。
また、今後の伸びに期待しているのは、サーボプレス用アクチュエータ「PC/PCT」だ。ボールねじナットとスプラインの一体構造で、大幅な小型化を実現する一方で推力は高まった。用途は、車載部品の製造で使われる小型の圧入機やかしめ機など。推力120kN、175kN、250kNを新たにラインアップし、従来油圧が利用されていた領域での置き換え需要を狙う。

人型を追求した産業用ロボット

写真3 次世代双腕型産業用ロボット「NEXTAGE(ネクステージ)」写真3 次世代双腕型
産業用ロボット
「NEXTAGE(ネクステージ)」
今回の展示では、東1ホールに入るとすぐに見えるロボットによる組付け・検査工程実演にも注目が集まり、多くの人が足を止めていた。次世代双腕型産業用ロボット「NEXTAGE(ネクステージ)」のデモだ(写真3)。
2009年からiREXに出展し始め、販売台数は年々伸びているという。NEXTAGEのコンセプトは、生産性を追求した自動化というよりも、むしろ人の作業をそのまま置き換えるというところにある。自動化ラインではスカラロボットが主流だが、NEXTAGEは変種変量生産に向く。単純作業や夜間の作業への活用など今後さらに深刻化する人手不足の問題に一役買う。NEXTAGEの特徴は、“人と同じ”という点で、双腕、キャスター内蔵、2つのカメラで画像認識する。簡単に移動・設置できることから、工場のレイアウトを大きく変更することなく導入できる。ツールハンドやロボット周辺のアプリケーションを工夫することにより、現場のアイデアを活かしつつ改善・最適化が図れる。「マーケットは、産業分野からサービス分野まで幅広い。コールセンターの夜間の端末操作で引き合いがあったことは意外だった。今後は、これまで気づかなかったNEXTAGEの価値を追求していく」と星野氏は熱く語った。

IoTやAIといったトレンドへも対応

写真4 AI活用の一例として受付応対するロボット「アリサ」写真4 AI活用の一例として
受付応対するロボット「アリサ」
急速に注目が高まるIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)への対応も進めている。IoT化に伴うフィードバックは現在取り組んでいるところ。また、AI活用の一例として、ブースの受付横でロボット“アリサ”がチャットボット形式で応対する様子が披露された(写真4)。これまで培ってきたモーションコントロールの技術を活かしているものの、「ロボットだけでは、ビジネスに結びつけにくいのが現状。言語対応などのソフト面や周辺の部分にどれだけ手を入れられるかがカギとなる」と星野氏は話した。

自動化ニーズの拡大により、iREX2017は前回を上回る13万人の総来場者を記録した。THKのブースにも連日多くの来場者が足を運び、賑わいを見せた。

MEMO
THK
住所
〒108-8506 東京都港区芝浦2-12-10
URL
http://www.thk.com/?q=jp

製品情報カテゴリ

情報通信機器・ソフト
製品
企業
電子機器・部品
製品
企業
計測・試験・光学機器
製品
企業
機械・ロボット
製品
企業
産業機器
製品
企業
機械要素
製品
企業
素材・化学
製品
企業
環境・エネルギー
製品
企業
その他
製品
企業

新製品情報誌

過去掲載分

月号を

新製品情報カード

過去掲載分

月号を

製品情報を探す

キーワード
資料請求番号
掲載号
月号〜
月号

企業情報を探す

キーワード
本社所在地
TECHNO-FRONTIER2017(テクノフロンティア2017)

初めて
ご利用の方へ

機械・電子・電気、化学分野に従事する方々を対象に、日刊工業新聞社が発行する最新のエレクトロニクス、メカトロニクス関連情報誌「新製品情報」のWEB版です。
ご登録いただくと、本サイト上で、「新製品情報」に掲載されている製品情報の資料請求ができます。

記事広告の
掲載について

「新製品情報」、「新製品情報カード」への広告掲載または記事掲載についてのご案内