ホーム
>注目企業・特集
>〜THK社の製品&技術〜JIMTOF2016(日本国際工作機械見本市)のTHKブース 連日の大賑わい

注目企業・特集

〜THK社の製品&技術〜JIMTOF2016(日本国際工作機械見本市)のTHKブース 連日の大賑わい

工作機器で高いシェア率を誇るTHKは進化した多種多様な製品を出展
THK( 東京都品川区西五反田3-11-6 サンウエスト山手)

http://www.thk.com/

資料請求資料請求No.11701033a1

JIMTOF2016 THKブースは国内外の来場者で盛況JIMTOF2016 THKブースは
国内外の来場者で盛況
11月17日~22日に、東京・有明の東京ビッグサイトで開かれた「JIMTOF2016第28回日本国際工作機械見本市」。6日間で計14万8000人近く(期間中の重複を除く)が訪れ、会場内は国内外からの来場者で大いににぎわった。工作機器で高いシェア率を誇るTHKは、直動案内機器「LMガイド」、ボールねじ、アクチュエータ、ロボットなど多種多様な製品を出展。以前よりさらに進化した技術を、存分に見せつけた。また、今回は製造業の未来を示す先進技術も紹介。ブースを訪れた顧客らは、真剣な表情で展示品に見入っていた。

LMガイドの戦略機「SPR/SPS」

LMガイド SPR/SPSLMガイド SPR/SPS ローラーリテーナ入りLMガイド SRG SRNローラーリテーナ入りLMガイド
SRG SRN
ボールリテーナ入り高速ボールねじ SDA-Vボールリテーナ入り高速ボールねじ
SDA-V
THKの看板製品がLMガイドだ。工作機械の展示会とあってブース正面の目立つ位置に、各種加工機などに向けた戦略機種「SPR/SPS」を配置。低ウェービング、高剛性といった性能の高さをアピールした。「ナノメートル単位の精度が出る」と星出薫常務執行役員技術本部長は胸を張る。今回、新製品としてレール幅25ミリメートルのタイプを展示。精密加工機のほか、精密測定器などでの利用も見込む。
LMガイドでは、ローラーリテーナ入りの「SRG/SRN」も積極的にPRした。超ロングブロックを採用したタイプをラインアップに追加。工作機械向けでローラーリテーナ入りの普及が進む中、さらなる高剛性、高負荷といった要求に応えられるようにした。
一方、ボールねじではドイツの工業規格「DIN」に準拠した品目の拡充を図っている。このほどねじ軸外径40ミリメートル以上のタイプなどを、新たに製品化した。「特に欧州ではDIN対応への要求が非常に強い」(星出技術本部長)という。ブースでは、DN値(ボール中心径×回転数)が最高16万のボールリテーナ入り高速ボールねじ「SDA-V」など、豊富な製品群を披露した。
今回のブースは、東京ビッグサイト西展示棟の入り口からアクセスしやすい好立地。「ホールに入るとすぐ当社のブースが見える。工作機械の最先端技術について関心が高まっていることもあり、初日の朝から予想以上に多くの人が来てくれた」と星出技術本部長はほほえむ。展示物の上方には、「すべては、軽やかで精確な“動き”のために。」という不変の理念を出展テーマとして掲げた。自らの原点に立ち返り、基礎技術力の高さをあらためて世に訴えることが狙いだ。

ロボットで自動化技術をアピール

また、前回同様に工場自動化(FA)関連の提案も充実させた。実機を用いたデモンストレーションでひときわ注目を浴びたのが、ヒト型双腕ロボット「NEXTAGE(ネクステージ)」だ。デモでは、NEXTAGEが工作機械にワーク(加工対象物)を供給する活用法を提案。ロボットが2本の腕で器用に金属部品を並べる様子に、見学者は目を奪われていた。霧状の切削油や切り粉などによる影響を抑えるため、防塵・防滴対応の防護服を装着させた点も特徴だ。
このほか、FA関連ではボールねじを組み込んだ電動アクチュエータやロボットハンド「TRX」なども出展。労働力不足などにより国内外で自動化ニーズが拡大する中、今後さらに拡販が進みそうだ。

THK版のIoTを提案

JIMTOF2016は、「ここから未来が動き出す」がキャッチコピー。工作機械大手をはじめ、主要な出展企業はIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)など、製造業の未来につながる技術をこぞって紹介した。THKもその中の1社だ。ブース内に先端技術の専用コーナー「テクノルーム」を設置。まだ試作段階ながら、「お客さまの関心度は非常に高い。建設的で貴重なご意見を頂戴できた」と星出技術本部長は手応えを感じている様子。今後、より一層の進化が期待される。

IoT、AIへの注目もあり、JIMTOF2016は前回を上回る総来場者数を記録。東展示棟、西展示棟の双方で連日、大盛況が続いた。次回の開催は2018年11月1-6日の予定。THKブースではIoT関連をはじめ、より踏み込んだ技術提案が見られそうだ。

製品情報カテゴリ

情報通信機器・ソフト
製品
企業
電子機器・部品
製品
企業
計測・試験・光学機器
製品
企業
機械・ロボット
製品
企業
産業機器
製品
企業
機械要素
製品
企業
素材・化学
製品
企業
環境・エネルギー
製品
企業
その他
製品
企業

新製品情報誌

過去掲載分

月号を

新製品情報カード

過去掲載分

月号を

製品情報を探す

キーワード
資料請求番号
掲載号
月号〜
月号

企業情報を探す

キーワード
本社所在地
TECHNO-FRONTIER2017(テクノフロンティア2017)
3月21日はバルブの日

初めて
ご利用の方へ

機械・電子・電気、化学分野に従事する方々を対象に、日刊工業新聞社が発行する最新のエレクトロニクス、メカトロニクス関連情報誌「新製品情報」のWEB版です。
ご登録いただくと、本サイト上で、「新製品情報」に掲載されている製品情報の資料請求ができます。

記事広告の
掲載について

「新製品情報」、「新製品情報カード」への広告掲載または記事掲載についてのご案内