ホーム
>注目企業・特集
>〜三菱電機の製品&技術〜より現場に根ざしたソリューションの提供に向け豊富な製品群を出展

注目企業・特集

~三菱電機の製品&技術~より現場に根ざしたソリューションの提供に向け豊富な製品群を出展

SCF2017/計測展2017 TOKYOで三菱電機は最大級のブース、連日盛況
三菱電機(東京都千代田区丸の内2-7-3)

SCF2017/計測展2017 TOKYO三菱電機ブース写真1 SCF2017/計測展2017 TOKYO
三菱電機ブース
東京・有明の東京ビッグサイトで11月29日-12月1日の3日間、国内最大の制御・計測機器の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2017/計測展2017 TOKYO」が開かれた。今年の出展企業数は200社を超えた。そのなかで三菱電機は最大級のブースを展開し、パートナーと協働しソリューションを展示した。メインステージでは人工知能(AI)や拡張現実(AR)など最先端な技術がもたらす生産現場の新しい姿を示した。エッジコンピューティングによる予防保全やヘッドマウントディスプレーを装着したまま、作業を行う未来を想起させた。ユースケースのブースでは現状抱える課題に対しても解決方法をセットとする事例を六つ紹介した。生産現場ではIoT(モノのインターネット)化が進んでいるが、新たな課題が顕在化している。それに対応し、三菱電機はより現場に根ざしたソリューションの提供に向けて、製品群を豊富にそろえている。

生産現場向けセンサー「MELSENSORビジョンセンサVS20」

電子基板の組立・検査工程をイメージしたデモ写真2 電子基板の組立・検査工程を
イメージしたデモ
三菱電機は2017年に、FA向けセンサー事業へ本格参入し、センサー製品を拡充している。半導体や自動車などの生産現場向けセンサーでは、「MELSENSORビジョンセンサVS20」を紹介。カメラで撮影した画像を用いて、対象物の有無や差異、位置などを判別するセンサ ーだ。さらに今回の展示会では、その第2弾製品として「MELSENSORビジョンセンサVS70」と「MELSENSORビジョンセンサVS80」を初めて展示(写真2)。高速・高精度タイプとなる。対象物を高速に識別した位置決めや、文字などの認識が可能になった。17年度中に発売を計画する。センサー製品は特徴としてロボットやPLCなどとの接続を容易にしている。機器計画部FAソリューション企画グループ専任の田中正幸氏は「トレーサービリティーやエッジコンピューティングを意識したセンサー」と位置づける。

汎用シーケンサ「MELSEC iQ-Rシリーズ」

飲料の原料製造、検査、出荷をイメージしたデモ写真3 飲料の原料製造、検査、
出荷をイメージしたデモ
また、三菱電機が主力とする汎用シーケンサ(プログラマブルコントローラ)「MELSEC iQ-Rシリーズ」では、これまで別々に行われていた計装制御や安全制御を一つのプラットフォームで実現(写真3)。同等のスペ ックを持つ製品では国内企業で初めての開発となる。また制御系で故障が発生した場合でも、待機系に制御が切替わり運転を継続することができる二重化シーケンサもラインアップ。機器計画部制御システムグループ専任の大前祐二氏は「社会インフラなど設備を止めることができないところに訴求する」と強調する。そのほか「MELSEC iQ-Rシリーズ」にはプログラミング環境の改善をコンセプトにした製品も拡充。エンジニアリングソフトウエア「GX Works3」に対応した。ドラッグやドロップなど基本的な操作で使用できるため、プログラムの制作時間の削減につながる。

産業用PC「MELIPCシリーズ」

産業用PC「MELIPC」シリーズ写真4 産業用PC「MELIPC」シリーズ 一方、デモの展示として人気を集めたのはデータの分析や診断を行うソフトウエア「リアルタイムデータアナライザ」だ。センサーなどで検知したデータや波形を機械学習させ、その後リアルタイムで認識し付け合わせることで異常を検知する。波形に差異が生じると異常や故障の兆候として即座にアラートを知らせる仕組みだ。「リアルタイムデータアナライザ」には、同社のAI技術「マ イサート」を搭載することで波形の認識や分析速度を極限まで高めている。
田中氏は「IoTが普及し始めたことで、生産現場の課題トレンドは、単なるデータの抽出から具体的なデータの加工・分析に変化した」という。より汎用性の高いデ ータとしての加工やデータを生成するリアルタイム性が求められている。そのためにはクラウド処理だけではなく、エッジコンピューティングが有効だ。三菱電機もIoT分野に向けては「イーファクトリー」などのソリューションを展開しているが、これまで培ってきたPLCの技術やノウハウを応用できるエッジコンピューティングで強みを最大限に発揮する。「リアルタイムデータアナライザ」は18年春をめどに、市場へ導入する。合わせて産業用PC「MELIPCシリーズ」(写真4)やデータ監視用のアプリケーションなども製品化。今後は用途にラインアップを拡充する構えだ。
三菱電機は17年にセンサーの獲得や「マイサート」の活用など具体的な取り組みが目立った。さらにソリューションの中核を担う製品群への応用も進んでいる。今後、生産現場の課題が複雑化するなか、同社の製品のさらなる進化に期待したい。

MEMO
三菱電機株式会社
住所
〒100-8310 東京都千代田区丸の内2-7-3
URL
http://www.mitsubishielectric.co.jp/

製品情報カテゴリ

情報通信機器・ソフト
製品
企業
電子機器・部品
製品
企業
計測・試験・光学機器
製品
企業
機械・ロボット
製品
企業
産業機器
製品
企業
機械要素
製品
企業
素材・化学
製品
企業
環境・エネルギー
製品
企業
その他
製品
企業

新製品情報誌

過去掲載分

月号を

新製品情報カード

過去掲載分

月号を

製品情報を探す

キーワード
資料請求番号
掲載号
月号〜
月号

企業情報を探す

キーワード
本社所在地
TECHNO-FRONTIER2017(テクノフロンティア2017)

初めて
ご利用の方へ

機械・電子・電気、化学分野に従事する方々を対象に、日刊工業新聞社が発行する最新のエレクトロニクス、メカトロニクス関連情報誌「新製品情報」のWEB版です。
ご登録いただくと、本サイト上で、「新製品情報」に掲載されている製品情報の資料請求ができます。

記事広告の
掲載について

「新製品情報」、「新製品情報カード」への広告掲載または記事掲載についてのご案内